CLOSE
松木歯科医院
医院紹介
診療メニュー
10:00 ~ 13:30 -
15:00 ~ 19:30 - -

休診:土・祝 ▲:17:00まで ★:9:00 ~ 12:00

矯正歯科

当院の矯正歯科のコンセプト

噛み合わせとキレイな歯列の両立

矯正歯科は、歯をキレイにならべるだけでなく、患者様に最適な噛み合わせを同時に実現する必要があります。矯正治療でキレイにならべることだけを意識した結果、噛み合わせがズレてしまうということもあります。

当院は噛み合わせの専門として、「しっかり噛めた上で、キレイに歯が並ぶ」というコンセプトのもと、見た目も機能も改善する矯正治療を行います。

矯正装置を一緒に考える

患者様の中には、不正咬合(悪い歯列)を治したいけれど、装置がなるべく見えないほうが良いという要望をお持ちの方もいらっしゃると思います。

当院では裏側矯正は行っていませんが、白いブラケット装置やホワイトワイヤー、インビザラインなどなるべく目立たずに矯正が行えるように配慮しています。

インビザラインとワイヤーの併用治療

インビザラインは当院でもご希望されるかたがいらっしゃいますが、「本来はワイヤーで治療したほうが良い」と歯科医師として正直に感じる場合があります。特に重度の叢生の方や上顎前突(出っ歯)の方はそう思うことがあります。

しかし、患者さんの立場に立ってみるとインビザラインを希望されているので、なるべく理想を叶えてあげたいと考えた場合に、ある程度ワイヤーで歯を雨後しかした後に、インビザラインへ移行する併用治療を行うことで、多少ワイヤーの期間が発生しますが、最終的にはインビザラインで完結することができますので、こういった要望にもお答えできるようにしています。

不正咬合別の矯正治療

叢生(乱ぐい歯)の矯正治療

叢生は歯が互い違いになって生えていることから、乱ぐい歯やデコボコ歯と呼ばれることもあります。歯列の問題としては、歯磨きがしにくいため磨き残しが発生しやすく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。 また、噛み合わせが悪い状態なので、特定の歯に集中的な負荷がかかり、歯の破折や割れの原因となります。

顎への負担も懸念されるため、顎関節症のリスクにもなります。

当院では他の歯や顎関節の過剰な負担を軽減させること、治療後の清掃性の高い歯列の実現を目的に矯正治療を行います。

開咬(オープンバイト)の矯正治療

開咬は前歯が噛み合っていないことからオープンバイトとも呼ばれています。前歯で噛み切ることができず、奥歯への過度な負担や顎への強い負担が懸念されます。また、口呼吸の方である場合、お口の中が乾いてしまうことから、虫歯や歯周病の原因となる細菌が増殖しやすい環境になるため、口腔疾患のリスクが高まったり、風邪をひきやすくなってしまいます。

当院ではまず歯全体で噛めるように矯正治療で歯を動かし、咬合調整にて噛み合わせのバランスを整えます。

反対咬合(受け口)の矯正治療

反対咬合は受け口とも呼ばれており、上下反対の噛み合わせ担っている状態です。しゃくれているような見た目を気にされる方も多いですが、歯にかかる負担の大きさによる問題や顎関節への影響、発音障害などの問題を抱えている方が多いです。

本来はお子様のうちに矯正治療を行うことが理想的ではありますが、大人になってからは顎の位置、歯の移動によって改善を目指しますが、骨格の問題である場合は外科矯正が必要になる場合もあります。

上顎前突(出っ歯)の矯正治療

上顎前突は前歯が前に出て、お口が閉じにくくなることから、出っ歯と呼ばれています。前歯が機能していないため、奥歯で食事を行うことになります。そのため、奥歯への過度な負担による歯の破折・割れの原因となったり、顎関節症のリスクも高まります。

また、歯が前に出ているため、転んだときや何かにぶつかった場合に損傷してしまうリスクが高くなります。矯正治療を行う場合は、歯を並べるスペースを確保する必要があるため、抜歯になることを念頭に置いて治療に望む必要があります。

リテーナーと呼ばれる保定装置を用いて後戻りを防ぐことも重要です。

過蓋咬合の矯正治療

過蓋咬合は過度に深く噛み合っている状態で、状態によっては上の歯で下の歯が見えなくなるほど深い噛み合わせになっています。強い噛み合わせによって、顎関節への過剰な負担から顎関節症になってしまったり、治療した被せ物の欠け・割れ、歯根破折などの原因となります。

また、歯茎が目立つなど歯並び以外の審美的問題も感じられる方がいらっしゃいます。噛み合わせは年齢を重ねるごとに深くなるので、放置することで年々お口の問題が顕在化する可能性があります。

当院では矯正治療を通して噛み合わせの深さを調整(浅くする)し、全体の噛み合わせのバランスを整える治療を行います。

空隙歯列・正中離開(すきっ歯)の矯正治療

空隙歯列は歯列全体に隙間があることで、正中離開は前歯の2本に隙間があることです。すきっ歯という言葉で例えられることが多い歯列です。すきっ歯は見た目の問題が一番ですが、空隙の隙間が比較的大きい方やその他異常が見られる場合に、発音障害を感じられる方(特にサ行)がいらっしゃいます。

他の不正咬合に比べて健康上の問題は比較的少ないですが、そもそも噛み合わせが正しい状態でない機能的問題が発見される場合がありますので、矯正治療及び咬合調整の必要性はあります。

矯正歯科コンテンツ

ワイヤー矯正(ブラケット矯正)

ワイヤー矯正は、ブラケットを用いて歯を並べる手法ですが、最も歴史が長く、エビデンスが確立されている矯正歯科の治療方法の一つです。

装置を装着する場所に対して自由度が高く、不正咬合の度合いを選ばずに治療をすることができます。

装置が目立つから嫌だと言う方にはホワイトワイヤーにするだけで、ぐっと目立たなくなります。

当院ではエビデンスに則ってをするために、選択肢の最上位にある治療です。

部分矯正(ワイヤー)

部分矯正の用途は多岐に渡ります。

部分的な歯列を改善するため、むし歯や歯周病によって傾いた歯を正常な位置に戻すためなど、様々な治療に用いられます。

すきっ歯や矮小歯、歯の捻転など主に前歯の歯列改善で来院される患者様がほとんどですが、その他の治療にも併用できることを知っておいていただきたいです。

インビザライン

インビザラインは世界で最も普及されているマウスピース型矯正装置です。

マウスピース型の最大のポイントは、目立たないことや取り外しができることによる、口腔衛生を保ちやすい点にあります。

少しずつ歯を動かしていくので、痛みが通常の矯正治療よりも少ないことも特徴の一つです。

これからも進化していくであろうインビザラインを当院では噛み合わせまでを考慮し、治療計画を立案いたします。

ご予約・ご相談は以下よりご連絡ください。

お電話でのご予約/ご相談

03-6715-8481

診療時間 10:00 ~ 13:00 / 15:00~19:30 休診日:土・祝日
日曜午前のみ・水曜日17:00まで

〒144-0052 東京都大田区蒲田5-48-10
ハイライフ蒲田102
JR・池上線 蒲田駅から徒歩5分
京急蒲田駅から徒歩10分

10:00 ~ 13:30 -
15:00 ~ 19:30 - -

休診:土・祝 ▲:17:00まで ★:9:00 ~ 12:00