お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

正しい診断の必要性|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

正しい診断の必要性

このページの目的

このページでは、当院の経験を通してCTの重要性を感じたケースをご紹介しています。正しい診断・正確な治療計画を立てるため、患者様にCTがあることでわかったことをお伝えすることが目的です。歯医者を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

ケース1

右上を最近根の治療をしたとこの子で来院された方がいました。パノラマ・デジタルレントゲンを撮りました。他の歯医者さんで神経が死んでいるので根の治療をしようという事で治療をされていました。

特に異常は見られませんでしたが、症状がしくしく違和感を感じるそうで再度治療をする提案をいたしました。数日後に痛みと腫れが出てきたのですぐに見てほしいとのご連絡があり拝見したところ何もしなくてもお痛みがあり辛いとのことでした。

最近治療した歯がそこまで急性化することがないため、他に原因があるのではと思いCTを撮りました。歯性の上顎洞炎を起こしておりました。歯の周りには骨がなく炎症も強かったため一度抗生物質で落ち着かせてから抜歯をしました。

虫歯がそこまで深くはなかったのに痛みが強く神経の治療をされたそうで噛み合わせ由来のマイクロクラックから神経が感染してしまい壊死したと思われます。

ケース2

右下がしみて痛くて薬も飲めないから何とかしてほしいと来院された方がいらっしゃいました。レントゲンを拝見する限り虫歯は見れませんでした。

神経の治療をしたところ出血も見られたので知覚過敏がひどくなったための物かと思いましたが、根の治療を続けていましたが何となく違和感を感じたのでCTを撮影しました。

レントゲンではわからなかったのですが、根の先がひび割れていました。
このまま根の治療を行っていても患者様に辛い思いをさせてしまうところでした。

確実に治療を行うために

CTを効果的に使用することで、正確な診断が出来ます。患者様が最も最適な治療を受けていただくためにも、私達はCTを用いた正しい診断を行います。

お問合せ

ご予約はこちら

PAGE TOP