お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

根管治療|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

根管治療

根管治療が必要な症状とは

  • 歯の根っこに違和感を感じた時
  • 歯ぐきが腫れて、噛むと痛かったり響く時
  • 膿が出ている
  • お口の中が臭う
  • 虫歯が進行している場合
  • しみる
  • 何もしなくても痛みを感じる
  • レントゲンで撮影しても問題ないと言われたが、CTで撮影すると問題があるケースがある(レントゲンの限界)

上記の症状を感じた場合には、根管治療が必要な可能性があります。
無理に我慢をしないで、治療をすることをおすすめします。

松木歯科医院で行われている根管治療とは?

当院で行っている根管治療は、米国ペンシルバニア大学の歯内療法学科において実践されている根管治療専門医のための臨床コンセプトとテクニックに基づいています。
そのため日本の保険の根管治療とは、使用する器具や方法、コンセプトが全く異なります。

ペンシルバニア大学歯内療法学科は米国で最も古い歯内療法学科の一つでこの分野で最も進んだ機関であるとされています。
それにより当院では根管治療の成功率を飛躍的に高めることが可能となりました。

根管治療とは?

虫歯などの細菌が歯の神経まで到達してしまうと、神経が感染し血液を通して全身に回ってしまう可能性があります。

そのため神経が入っている管(根管)から細菌に感染した組織を除去し、根管内を無菌状態にしたうえで、薬を詰めるという治療を行う必要があります。
これを「根管治療」といいます。

1度根管治療を行っていても、根管内が無菌状態になっていないと、根管の先に病巣(膿の袋)ができる場合があります。
これを根尖病巣といいます。
根尖病巣ができてしまった場合には再度根管治療が必要となってきます。

根管治療を行う前には、何項目にも及ぶ診査・診断をしっかりと行います。
(神経の治療をする必要があるのか、それとも神経を残せるのか、はたまた前医院の根の治療より質の高い治療ができるのか。)
可能であれば、神経の治療をしないことが最良です。

治療にかかる回数はそれぞれの歯の状態によって変わってきます。

早い場合は1~2回、平均的には2~4回、複根歯ではそれ以上の回数がかかる場合もあります。

診査診断をし、虫歯などの汚染物質を除去するため歯を削ります。
神経まで到達している場合でも状態によっては神経を残すことができます。
神経の治療になることもあります。

機械的に清掃する専用の器具『ファイル』で神経と汚染物質を除去します。
※やすりをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

薬(写真のピンク色のもの。飛び出た部分は切り取る。)を詰め、唾液が入らないようにしっかりと蓋をします。

なぜ根の治療が難しいのか?

歯の神経の治療をしたはずなのに、「噛むと鈍い痛みが出る」「疲れると重い違和感がある」など、今までに思い当たる節はありませんか?
このような症状の場合には根およびその先の状態が良くない可能性があります。

  • ラバーダム防湿を行っていないと無菌的な治療が難しい。
  • レントゲン写真読影で3次元的根管のイメージがしにくい。
  • 肉眼では見えにくく根管は光が届かないため、汚染組織と健康組織の区別がつかない。
  • 根管には側枝と呼ばれるさらに細かい枝があり、器具の到達が不可能なため、化学的洗浄が重要になる。
  • 根の治療の後、細菌を侵入させないように土台を立て、精密な被せ物を装着する必要がある。

根管治療の成功のキーポイント

質の高い根管治療を行うためには無菌的治療が必要です。根の病気は細菌に感染することで起こります。
感染の原因は虫歯の取り残し、神経の残骸、唾液の混入と汚染器具の使用とさまざまです。
無菌的処置を行うためには、ラバーダム防湿によって治療を行う歯への唾液の混入を防ぎ、手術と同じレベルの消毒を行う必要があります。

そして、滅菌された切削器具・ファイルで根管内を機械的に拡大し、汚染物質などを可及的に取り除いていきます。
さらに、機械的拡大をしつつ化学的洗浄で『有機質溶解と無機質溶解(細菌=有機質、汚染物質=無機質)』を繰り返します。

根管内が可及的に綺麗になったかをマイクロスコープにより再度確認し、根管内の水分をすべて取り除き、緊密な根管充填を行い、適切に蓋(仮封)をします。
その際に唾液が混入しないように処置を行う必要があります。

また、土台(コア)を立て、精密な被せ物を装着するまでが根の治療のゴールとなります。

根管治療は痛みや違和感がなくなれば終わりというではないのです。
唾液や感染物質の侵入を許してしまっては治療した意味がありません。
被せ物の土台(コア)を立てる際にも唾液の混入がないようにします。
最後に精密で適合の良い被せ物を接着し、根の治療が終了となります。

神経の治療では無菌状態(唾液やプラーク、細菌などを入れない状態)で上記の治療が行えれば、問題が起きる可能性は劇的に減ります。
また、被せ物の土台(コア)の処置が適切に行えば、歯にひびが入ったり、歯の根が割れて抜歯になってしまうといったことも少なくすることができます。

治療の流れ

歯の根の治療

※根管治療には時間がかかります。根気よく治療を続けましょう。

治療前

歯の神経をとりのぞき拡大したあと、お薬で洗浄します。

お薬で洗浄したあと薬をつめてふたをします。

根につめ物をします。(根管充填)

土台(コア)の作製~かぶせ物(クラウン)をするまで

コアを入れるために根管(神経があったところ)を途中まで削り歯型をとります。

完成したコアを入れセメントで歯に固定します。

コアを入れたあと歯を削って形を整え再び歯型をとってクラウンをつくります。

クラウンをセメントで固定して完成です。

※レジン(歯科用樹脂)で、お口の中で直接コアを作る場合もあります。

当院の根管治療で使用する器具を重要度順にご紹介します

ラバーダム

ラバーダム防湿は、根管治療を行う際に歯を口腔内より隔離し、唾液や細菌の侵入を防ぐために行われます。

また、根管内に使用する薬液は殺菌効果が非常に高く、人体に入ると問題があるため、薬液がお口の中に流れ込まないようにする意味合いもあります。

ラバーダムを使用しなければ、治療を行う意味がなくなってしまうと言っても言い過ぎではないほど、ラバーダムは根管治療の成功率に影響します。
ラバーダム防湿とは根管治療を行うにあたり最重要性項目になります。


ラバーダム装着後


装置着後に治療する歯の消毒をする

ラバーダム除湿を行う目的

  1. 無菌的処置
  2. 薬液の漏えい防止
  3. 軟組織の保護
  4. 器具の誤嚥防止
  5. 唾液の混入防止
  6. 呼気中の細菌からの保護

ラバーダム及び消毒を使用した治療法と使用しない治療法とでは成功率が格段に違います。
現在日本の歯科医院では、ラバーダムを使用する歯科は非常に少ないのが現状です。
しかし、当院では長期的な予後まで考えた治療を行う際には欠かせない項目であると考えています。

マイクロスコープ

マイクロスコープを使用しない肉眼による治療では、視覚的に確認できない根管の奥は、手探りやカンだけで治療を行うことになります。

そのため、健康な歯を削りすぎたり、感染物質を残してしまう可能性があります。
そして、それにより汚染物質が残り結果細菌感染を起こし、根の神経に痛みが出てしまうことがあります。

歯科用マイクロスコープの登場により、高倍率で歯の根の中を視覚的に確認しながら治療を行うことが可能となりました。
マイクロスコープを使用することにより、悪いところだけを最小限の処置を行うことができ、さらに拡大視しているため精密に治療部位を封鎖することができます。
これにより顕微鏡治療ではより確実性のある精度の高い歯科治療が行えます。

近年はMI(ミニマムインターベーション)治療が注目され、歯にとって最小限の侵襲で治療をし、できるだけ削らずに歯を残す治療が主流になってきています。
歯科用マイクロスコープを使った顕微鏡歯科治療も、そんな時代を象徴する最先端の歯科治療です。

アメリカでは、根管治療の専門医にマイクロスコープの導入義務があるほど、必要性・有効性が認められていますが、日本ではまだ50医院のうち1医院ほどしか普及していないのが現状です。
当院では、歯科治療用の顕微鏡であるマイクロスコープを導入し、精度の高い根管治療を行っています。

マイクロスコープが可能にした症例

CASE1

(1)延長ブリッジで6番の根が割れています。
(2)3番と4番の歯の根に病巣ができていました。
神経の治療になることもあります。

(1)6番は保存不可能なため抜歯となり、インプラントを植立しました。
(2)3番は、診査・診断により生活反応が見られたため、神経が生きていると判断し、経過観察しました。
4番は根尖病巣ができているため、根管治療により完治しました。

術後2年後のレントゲンです。
問題はなく、機能しています。

CASE2

根管が細く、他院で根管治療を断念された歯です。
根管治療ができなければ、被せ物を被せることができないため、残根の上に部分入れ歯が装着されていました。

根管が細くてもマイクロスコープと技術があれば、根管治療が可能です。
根管治療を行い、コア(土台)を立て、被せ物を被せました。部分入れ歯から解放され、とても喜んでいただけた症例になります。

CASE3

虫歯が神経まで感染してしまい、根の先に病巣(膿の袋)ができてしまっています。
歯ぐきの表面まで膿の出口ができてしまっています。
これはfistula(フィステル)と呼ばれます。

根管治療を精密に行い、病巣が消えています。
表面にできていたフィステルも完治しました。

マイクロスコープを使用することによって、根管の隅々まで再充填することができています。
当院ではこのような難しいケースを治すために最先端の機材と技術力を惜しみなく注ぎ込んでいます。

超音波チップ

虫歯から始まり根管内の汚れ、取り残した神経の残骸など通常の切削器具をでは削りすぎてしまうところを超音波の振動により少しずつ慎重に削ることが可能になりました。

またP-MAX超音波は通常の水ではなく各種薬液を使用することができ、かつ細い根の先端まで到達し消毒、殺菌するので従来の洗浄より何倍もの消毒効果が高くなっております。


用途に合わせて使い分ける超音波チップ


超音波チップを装着したP-MAX

ニッケルチタンロータリーファイル

ファイルとは、根管内の汚染された組織の除去を行う治療器具です。
通常の手で使用するファイルは効率も悪くすぐに折れてしまいます。
しかし、ニッケルチタンロータリーファイルはしなやかな弾性に優れるといった特徴を持っています。

ニッケルチタンロータリーファイルを使用することにより、1本の歯に対し複雑な形態を持っている根管をより早く理想的に整えかつ汚染物質を確実に除去します。

このニッケルチタンロータリーファイルを用いることで理想的に整えられた根管内に充填材を隙間なく埋められるように根管形成を行います。


ニッケルチタンロータリーファイル
素材の違いとともに電動で回転することで適切な根管形態にすることができます。


通常のファイル
指でねじりながら使用します。

ニッケルチタンファイルの特性

  1. 低い弾性係数
  2. 超弾性
  3. 形状記憶特性

※保険診療での根管治療は上記とは異なる場合があります。

治療で使用する最新機器3Dレントゲンについてはこちら

お問合せ

ご予約はこちら

PAGE TOP