お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

咬み合わせ・顎関節症|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

咬み合わせ・顎関節症

松木歯科医院が咬み合わせ治療を大切にする理由

松木歯科医院では、「顎のズレは体のズレ、体のズレは顎のズレ」との考えに基づき、咬み合わせのバランスを重視した治療を行います。
上下の歯が咬み合わず、「しっかりと噛めない」状態は、顎にかかる噛む力のバランスが崩れていることを意味し、それは、体全体のバランスを崩すことにつながります。

咬み合わせ治療って必要?

咬み合わせに異常があると、頭の重心が前後左右にズレてしまい、重心のズレた頭部を支えるため、全身が偏った姿勢になってしまいます。
そして、その逆も同様で姿勢の悪さが咬み合わせをさらに悪化させます。

また、咀嚼(噛むこと)とは、食べ物を小さく噛み砕き、飲み込みやすくする機能です。
よく噛むことで食べ物の消化を助け、顎の成長発育、脳を活性化させる重要な役割も果たしています。
さらに、脳の満腹中枢を刺激し、肥満防止の作用や、リラックス効果を生み、精神的に安定するとも言われています。

咬み合わせによる問題は、若い頃には表面化しない傾向にあります。
それは若い頃は顎の筋肉が骨格のズレを支えることができますが、年齢とともに筋力が衰え、咬み合わせによる問題が表面化するようになるためです。

咬み合わせがズレてしまう理由には、先天的なものもありますが、咬み合わせへの配慮の足りない「歯科治療が原因」の場合もあります。
咬み合わせを考慮した治療を行っていれば、突如として起こる「食べ物が噛めない」「顎が痛い」「口が開かない」といった問題を回避することも可能です。

当院では、咬み合わせの重要性を真剣に考え、全ての治療において、痛みを取り除く、失った歯を補う、見た目を改善すると同時に、正しく機能させるように治療を行っています。

咬み合わせ治療では、上の歯に対して下の歯を均等にバランスよく当たるように、また顎が正しい位置からズレないように調整し、歯に加わる力の方向や、当たるタイミングを絶妙にコントロールします。

このようなときに咬み合わせ検査を行います。

  • 歯肉に炎症があるがクリーニングしても改善しない。
  • 局所的に深い歯周ポケットがある。
  • 顎関節に異常がある。
  • 将来歯を悪くしないように歯を守る処置を行う。

咬合検査

問診票

お口の中から全身の状態、生活スタイルなどの質問にお答えいただきます。

フェイスボウトランスファー

上の歯列の状態を計測するフェイスボウと呼ばれる装置を顔に装着します。
どのような傾きなのか、左にズレているのか、右にズレているのか、湾曲度合いは適正なのか、それとも強すぎなのかを検査します。


瞳孔線


カンペル平面


矢状正中

床に対して目と目を結ぶ水平線を瞳孔線と言い、鼻下点(鼻の下の点)から耳珠点(耳の前にある小さな膨らみ)を結んだ線で構成される平面をカンペル平面と呼びます。

この瞳孔線とカンペル平面が平行なのが理想的な咬合平面とされています。フェイスボウトランスファーでは、この理想的な咬合平面を基準に現在の咬み合わせの位置を確認していきます。

咬合器

咬合器という顎の動きを再現する装置に、上の歯型のみ取り付けます。
咬合器とは、模型上で顎運動や咬合のさまざまな位置や動きを再現する装置のことです。


フェイスボウトランスファーをして咬合器に付けた状態


下の歯型も付けた状態

その後特殊な咬み合わせを記録するワックスで、上下の咬み合わせの位置を3枚記録します。
それと左右に動かしたものを合わせ、合計5枚取ります。

それを元に、下の歯型をつけ歯を上下前後左右に動かして、歯の当たり具合や、歯にかかる力のバランスが適性かどうかを調べます。

上顎


術前


術後

下顎


術前


術後

術前の写真では、○の印を付けた箇所に上下の接点が集中していることがわかります。
術後では均等に全ての歯に接点ができるように調整しています。

顎機能分析装置アルクスディグマ: – ARCUS digma –

当院では、アルクスディグマという咬合機能測定器を使用し、顎の動きを計測します。
これは、超音波により顎の形と動きを3次元で測定するデジタル式顎運動計測装置で、現在の咬み合わせの測定と、正しい咬合の設計に効果を発揮します。

咬み合わせ治療 - CASE STUDIES –

咬み合わせを改善した治療をご紹介いたします。

CASE1

主訴 もともと使用していた入れ歯で食べ物が噛めない。
治療内容 上顎:リーゲルテレスコープ義歯 / 下顎:コーヌス義歯

正面


術前


術後


術前


術後


術前


術後

治療結果

ご来院時に入れ歯が入っていましたが、術前の写真をご覧いただいてわかるように、視覚的にも明らかに咬み合わせに異常がありました。
上下の入れ歯を作製し、咬み合わせも改善しています。

CASE2

主訴 話しにくい。人前で笑えない。顎も痛い。あくびで顎が外れそう。
治療内容 上顎:3-3 オールセラミッククラウン / 下顎:3-3 オールセラミッククラウン / 全顎的な咬合調整


術前


術後

治療結果

発音がしにくかったのが、咬み合わせの調整をした結果、発音がしやすくなり、発声コンテストで入賞した。
ガタガタの歯並びが見た目上、コンプレックスでしたが、治療後は他人の目を気にせず笑えるようになった。
顎も痛くならない。今は気にもならない。

CASE3

主訴 左の顎がゴリゴリし、大きく開けるとグキッとする。右で食べ物が咬みにくく、口が大きく開かない。
治療内容 咬合調整により咬み合わせを正常な位置に調整した。


術前


術後

治療結果

  • 以前は右で噛もうとすると相当意識しても噛めなかったが、自然と右でも噛んでいる。
  • 顎がゴリゴリすることがなくなり、大きく開けたときの痛みがなくなった。
  • よくつまずいていたのが(特に左足)高いヒールを履いても、つまずかなくなった。

治療で使用する最新機器3Dレントゲンについてはこちら

意外と知られていない顎関節症の真実・治療法についてはこちら

お問合せ

PAGE TOP