お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

入れ歯を長期的に使い続けるための6つの重要項目|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

入れ歯を長期的に使い続けるための6つの重要項目

入れ歯を一度作れば、ずっとお使いいただくことが可能です。

ただし、歯、歯肉(歯茎)、舌、唇、咬み合わせ、顎関節、呼吸、嚥下(えんげ)、発音など、お口に関するあらゆる状態を、しっかりと診査診断する必要があります。
なぜなら、入れ歯作製前に可能な限り良い理想的な口腔状態にしたいからです。
そうすればお口にぴったりと合い、長く使える入れ歯を作ることができます。
では、それぞれの項目についてご説明いたします。

テレスコープデンチャーについて、詳しくはこちら

総入れ歯について、詳しくはこちら

部分入れ歯について、詳しくはこちら

1.歯

問題のある歯を残しておくと入れ歯の安定性や適合に問題が起こります。
虫歯があれば虫歯の治療を行います。たとえ神経まで及んでしまった虫歯でも、なるべく神経を残します。なぜなら神経を残した方が歯が割れにくい・痛みが出にくい、再治療の必要がない等、後々良い方向へ向かいやすいからです。
割れた場合、最悪抜歯する可能性があります。痛みが出た場合も再治療の必要が出てきます。
これらの事を考えると、神経の治療を極力避けることが大切になります。
抜歯や再治療を行うと、入れ歯を再作製する可能性があります。
元々神経の治療がされている歯は虫歯になっている可能性が高いため、顕微鏡を使って細かい虫歯を確認し、除去してから理想的な咬合状態の被せ物を被せ直します。
また、歯の並びも見ていきます。
綺麗に歯が並んでいれば清掃性も良く、虫歯・歯肉炎になりにくいです。そして入れ歯の脱着もとてもスムーズに行うことができます。
しかし歯の並びが悪いと、咬み合わせも悪いことが多いのです。本来は垂直に力が加わるのが良い状態ですが、歯がやや倒れていたりすると力がかかる方向が違ってくるため、歯にかかる負担が大きくなり長持ちしづらかったり、歯周的に清掃不良になったりする可能性が大きくなります。そのため歯並びを治すことも同時に検討します。

2.歯肉

歯肉の状態は入れ歯の精度に関わってきます。
歯肉に炎症があると綺麗に型取りすることができなくなりますし、炎症がある状態で入れ歯を作った後に歯周病治療を行った場合、炎症が引くと入れ歯と歯肉の間にスペースが生まれてしまいます。すると食べ物のカスが詰まる、もしくは周りの顎堤に負担がかかってしまい、痛みを生じてしまいます。
重度の歯肉炎がある場合、風をかけただけでも出血をします。また歯肉が腫れていると通常より大きく型が取れてしまいます。さらに清掃性が悪いと虫歯、歯肉炎歯周病のリスクも高まります。
そこで歯の周りにプラークが付着していた場合、ブラシ等で除去するところから始めます。
また歯石も付いている事が予想されます。しかし歯石は硬くしっかりと歯に付着しているので、専用の機械でないと取ることができません。そのまま放置すると歯石が大きくなるばかりか、口臭・歯周病の原因にもなっていきます。加えて歯石を除去せずに入れ歯を作製すればそこでもまた入れ歯とのスペースが生まれてしまいます。
このようなことから入れ歯を作る前に歯肉の状態を整えることはとても重要です。

3.舌

舌の動きは食べ物を飲み込む時に重要です
正しくない動きをすれば舌苔(舌の上の苔)が付き、口臭の原因にもなります。
また舌の動きによっては歯が動かされたり、入れ歯が舌によって常に揺らされ、動かされたりと様々な不具合が生じることがあります。そして最終的には舌の筋肉の舌骨上筋群の筋力が低下し、嚥下(えんげ)しにくくなり、誤嚥性肺炎を引き起こす原因ともなります。
食べ物を噛むと頬側と舌側に分かれます。そのとき舌は無意識に分れた食べ物を歯の上に戻す動きをします。これを繰り返すことで食べ物は細かくなっていきます。しかしタイミングがずれると、頬や舌を噛むことがあります。
また歯が失われたまま放置され、その時間が長ければ長いほど空いたスペースを舌や頬で埋めようとする力が働きます。それにより歯並びが悪くなったり、舌や頬を噛みやすくなる・顎が痛くなるなど起こることがあるため、舌の動きのチェックも大切です。

4.唇

唇は呼吸を司るのに非常に重要な役割をします。
唇が開いていれば口で呼吸します。しかし本来人間は鼻で呼吸する動物です。鼻で呼吸をすれば適度に湿った温かい空気が体内に入っていきますが、口で呼吸すれば乾燥した空気が体内に入っていくことで、気管は荒れやすくなり、口腔内は唾液の作用が失われ、常在菌が減ってしまいます。すると虫歯ができやすくなり、歯肉が炎症を起こしやすくなり、果ては全身の健康状態まで影響を及ぼします。
また口を閉じる力がないと嚥下(えんげ)ができず誤嚥してしまう可能性もあり、嚥下(えんげ)をするのにも重要な役割をします。

5.咬み合わせ

長期的に使用できる入れ歯を作製したいのであれば、咬み合わせのバランスを考えるのが最重要項目とも言えるでしょう。
力のバランスが悪いと入れ歯の設計も大変になります。また咬み合わせが悪いと顎関節にも問題が現れ、口腔内だけでなく全身の不定愁訴を引き起こすことがあります。
人によっては片頭痛、肩こり、腰痛、歩行障害、高血圧、めまい、眼精疲労、耳鳴り、アレルギー、アトピー、内臓疾患、自律神経疾患等を引き起こす場合があります。

6.顎関節

顎関節に問題がある方は先ずそこの治療を行う必要があります。
ここは歯科治療で一番無視することのできない場所です。
なぜなら人間の中で唯一2つの関節が同時に動く場所です。
肉食動物の関節は上下運動しかしません。草食動物は左右の動きしかしません。人間はこの両方が混ざっているのです。
そのため、顎関節の治療は歯科治療の中でも一番難しい治療でもあります。
この顎関節のバランスを崩す原因のほとんどが咬み合わせです。
咬み合わせの異常により顎関節に痛みが出る、開けにくい、変な音がするなどの現象が起きてくることがあります。よって顎関節の治療を行う場合はまずは顎関節の形態と噛み合わせ、口腔周囲筋、姿勢等を調べることが大切です。

まとめ

入れ歯はただ単にお口の中の型取りをするわけではなく、口周囲全体の状態を確認しながらどのようにしたら長期的に使用できるのかを考えながら作製して初めて、しっくりとくる入れ歯が完成します。
また、一度作製したらお終いというわけではなく、定期的に歯の状態、歯肉の状態、骨の状態、関節の状態を確認する必要があります。そうすることでより長く使用していただくことができるようになります。

その方の順応能力、失われた範囲、状態、年齢等にもよると思いますが、失われた状態よりも日常生活が確実に楽になります。

失われた機能を回復させるのに時間がかかる場合がありますが、しっかりと咬める、状態を作り出すことは可能です。

私の考えとして、一度入れ歯を作ったらそれを最後にする。

後は修理をして使い続けていただける設計を考えております。

当医院は父の代から続く50年以上の歴史ある歯科医院です。今まで、色々な方の入れ歯を作製してまいりました。
どのようにすれば長期的に使っていただけるかの経験的根拠と科学的根拠を元に、作製しております。
ぜひご興味のある方は、蒲田駅から徒歩ですぐの松木歯科医院までお問い合わせください。

ご予約はこちら

PAGE TOP