お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

インプラント治療|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療は、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療です。
失ってしまった部分に人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上にセラミックなどの素材でできた人工の歯を固定します。

大きな特徴としては入れ歯のように取り外すことはなく、自分の歯に極めて近い感覚で噛めるということです。また総入れ歯の方にはインプラントを数か所に埋め込み、磁石などで固定するといった活用法もあります。

インプラントの必要性

インプラントは歯を失った時に行う治療の一つです。
インプラントが悪い方法でもなく一番いい方法でもありません。
その方の歯の状態、口腔内の状態、全身の状態等を見極めなければなりません。
歯を失った場合の治療にはインプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの選択肢になります。

インプラントは入れ歯との併用、ブリッジとの併用、インプラント単体と色々な可能性を秘めております。

入れ歯が安定しなく咬み心地しゃべり心地、違和感がある場合にインプラントを何本か植立し、安定されることもできます。

本数を増やせば入れ歯の必要もなくなります。
歯を失った本数が多ければ何本かインプラントを植立しブリッジのタイプにすることもできます。

固定することもできますし、取り外しのタイプにすることもできます。
固定性のメリットもあれば、デメリットもあります。
当然取り外しのメリットもあればデメリットもあります。
その方の考え方に合わせて治療計画を立てることができるのがインプラントです。

インプラントのメリットとデメリット

メリット

  • 天然歯と同じようにお食事することができる。
  • 咀嚼をするときに違和感がない
  • 審美的によい(見た目が自然)
  • 発音障害がない
  • 隣の歯を削らない
  • 寿命が長い(長持ちする)

デメリット

  • 全身状態が悪いと打てない(糖尿、骨粗しょう症など)
  • インプラントが抜ける可能性がある(定期検診をしないとリスクが高まる)
  • 治療期間が長い
  • 咬合を考慮する必要がある(咬合が合わないと機能しない)

骨が無い、骨が少ないときの手術方法

サイナスリフト

サイナスリフトが必要な場合は、上顎の骨の厚みが3mm以下の場合に行う骨造成です。顎の骨が薄い場合、骨移植と同時にインプラントをすることはできない時があります。なぜかというと、骨が薄すぎるためにインプラントの固定が困難だからです。まずは、骨移植だけを行い、インプラント埋入できるような骨がしっかりと出来るまで、3ヶ月〜半年程度待ちます。無事に移植した骨が固まりましたら、インプラントの埋入を行います。

ソケットリフト

ソケットリフトが必要な場合は、上顎の骨の厚みが4㎜前後の場合に行われる骨造成です。
骨を人工的に作り、インプラントを埋入する深さを確保する手技です。
将来骨になる人工骨を入れて、骨の移植と同時にインプラントを埋入することができます。

インプラント治療の流れ

1. 検査

インプラントには、治療前の精密な検査が必要となります。
患者様になるべくわかりやすい説明を行い、治療日などを含めた治療計画を立てていきます。
患者様に十分なご理解を頂いた上で、治療に入っていきます。

2. 施術開始

まずお口の中に虫歯やその他の疾患がない事を確認します。もしその他の疾患がある場合は、疾患がなくなってから治療を行います。お口のなかに炎症が残っているとインプラントの治療後に炎症を広めてしまう恐れがあるため、きちんと確認・治療を行うことが大切です。
治療では局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントは新しい歯のための根の部分となります。
患者様によって異なりますが、2ヶ月~半年であごの骨とインプラントが結合します。

3. アパットメントの装着

顎の骨と結合したインプラントに、セラミックなどの素材でできた上部構造と呼ばれる人工の歯を装着する準備をします。
「アパットメント」と呼ばれるパーツを骨にきちんと結合したインプラントに装着します。

4. 上部構造(人工の歯)を装着

インプラントの治療では最後の工程です。セラミックなどでできた上部構造と呼ばれる人工の歯をアパットメントに装着します。
事前に他の歯の色などを考慮し、患者様ごとに細かく見た目を調整します。

5. 定期検診

インプラントを長く使うためには、実はこの定期健診が一番大切です。
インプラントそのものはセラミックや医療用金属でできており、それ自体は虫歯にはなりません。しかし、支えている骨や歯茎は疾患にかかる可能性があり、きちんとメンテナンスをしないと「インプラント歯周炎」と呼ばれる炎症を起こす可能性があります。
長く安定してインプラントをお使いいただくために、定期的に検診を受けていただくことをお勧めしています。

サージカルステントとは?

患者様の口腔内の状況をいかに正確に把握し、いかに精緻な設計をしていくかが、インプラント治療が成功するかしないかの重要なファクターとなります。

インプラント治療は経験や勘を頼りにした行き当たりばったりの治療ではなく、安全で、正確で、確実にそして短時間でかつ低侵襲に治療を行わなければなりません。

そのために松木歯科医院では、下記のような流れで治療を進めていきます。

  1. まずは、インプラント治療の最終的な状態を今現在のお口の中で理想的な歯の位置・大きさ・形態を咬合診断を行った模型上でシミュレーションを行います。
  2. CTをお撮りします。CTを撮ることで現在の骨の状態、神経の位置、血管の位置、前後の歯の状態等を確認し、インプラントを植立するべきところの骨の幅、高さが正確に判断することができます。
  3. 最終的なインプラントの太さ、長さを決め、そこにインプラントが植えられるようにしなければなりません。その時に必要になるのがステントです。そこでインプラントを植える前に必ずステントを作成していきます。

模型上、CT上でシミュレーションをしたインプラントとお口の中に植立されるインプラントがイコールでなければなりません。ステントがなければ、大体の場所とある程度の方向と深さにインプラントを植えていくことになります。

ステントを作成する費用、時間はかかりますが、正確性、確実性、低侵襲な治療を行うことができるようになります。インプラント治療を行う上で患者様のことを第一に考えると、ステントはなくてはならない器具といえるでしょう。

治療で使用する最新機器3Dレントゲンについてはこちら

インプラントと入れ歯の融合

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーは、インプラントと入れ歯を融合させたワンランク上の義歯治療です。入れ歯が浮く、ズレる、痛い、合わないなどの症状をお持ちの方は、インプラントオーバーデンチャーが適しているでしょう。総入れ歯+インプラント 部分入れ歯+インプラント テレスコープ+インプラントとインプラント単体でなければいけないわけではなくインプラントと入れ歯の良い所を取った補綴物です。詳しくはインプラントオーバーデンチャーのページを御覧ください。

インプラントリスク「インプラント周囲炎」

インプラント周囲炎とは?

適切なプロービング(歯周ポケットの深さを測ること)による出血、排膿のどちらか、もしくはその両方が見られること。また、直近で行った歯周組織検査と比較して、歯周ポケットが更に深くなっていること。
骨の状態を検査した結果、骨欠損が認められたときに、インプラント周囲炎となります。

歯周炎とインプラント周囲炎について

歯周炎とインプラント周囲炎は、感染症によって引き起こされる病気です。双方の症状は非常によく似ており、出血・発赤・排膿があり、歯周ポケットが4mm以上あるときに歯周炎やインプラント周囲炎と定義されます。¥インプラント周囲炎の場合は、インプラント体が動揺しないので、気付きにくいのが特徴です。

両疾患はとても似ていて、歯周またはインプラント周辺の軟組織(歯肉)に炎症が起こり、さらに進行すると骨の吸収が始まります。また、深いポケットにはプラークや食渣が溜まりやすく、健康な歯と比較しても格段に炎症になる確率が高くなります。特にインプラント周辺の骨組織への進行は歯周炎の場合より早いです。

治療コンセプト

歯周病治療とは対象的に、インプラント周囲炎のための治療コンセプトが今まで存在しませんでした。基本的には、歯周病・インプラント周囲炎に対して、同じ治療が行われており、初期の段階ではプラークコントロールを目的とされていました。お口の中の衛生状態を向上するために、患者様にブラッシング指導や抗菌薬の使用、または非外科的デブライトメント(歯周ポケット内に蓄積したプラークを取り除く)が治療として行われます。

インプラント周囲炎の治療を成功させるのには、咬み合わせ治療・洗浄・抗菌薬の使用による複合的な治療、汚れてしまったインプラント体の徹底洗浄が行われます。更に、状態によっては一度インプラント体を外し骨を再生させてから再度インプラントを埋入することもあります。

治療後のメインテナンスを受けることが何よりも大切です。

インプラント周囲炎はインプラント治療後のメインテナンス不足が原因で発症することわかっており、安価な治療ではなく、ご自身の第二の歯として支えてくれる大切なものです。治療後に定期的なメインテナンスを行い、インプラント周囲炎にならないように努力しましょう。

お問合せ

ご予約はこちら

PAGE TOP