お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

虫歯治療|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

虫歯治療

むし歯の原因

虫歯の原因要素は、お口の中の細菌の一つストレプトコッカスミュータンスレンサ球菌が主な原因と言われています。それ以外にも、唾液が酸性に傾くことにより歯が溶けます。

このミュータンス菌が食べ物の中の糖を栄養にし、歯の表面に付着します。この付着物はネバネバしていて、その中に虫歯菌や他の細菌が増殖し始めます。このネバネバした物質がプラークです。

プラークの中は75%が細菌でこの中にミュータンス菌がいます。このむし歯菌は「糖質」を材料に酸を作りますので、お口の中の唾液のPHが酸性にかたむき、次第にエナメル質や象牙質を溶かしていきます。これが「むし歯」です。神経のある歯は溶けた歯をまた元に戻す再石灰化することができます。神経の治療を行った後に歯がもろくなるのはその原因の一つです。

私たちは年齢を重ねるとともに唾液の分泌が減少し、本来の唾液の持つ働きが失われ、それにより再石灰化の能力が落ちていき、むし歯になるリスクが高くなっていいきます。若いときはむし歯にならなかった人でも、高齢になると唾液の減少によりむし歯になりやすく、進行も早く重症化しやすくなります。

虫歯になりやすいところ

むし歯は凹凸の多い咬合面、エナメル質よりは象牙質部分、歯肉縁(歯茎の近く)、修復物(被せ物・詰め物)と歯の境目、この部分がなりやすいと言われています。歯の表面に一番最初にできる一次カリエスと、修復物の変形や破損により唾液が侵入しやすくなりそこに細菌が停滞し、できる二次カリエスがあります。

二次カリエスの原因には治療が不十分な場合(むし歯の取り残しがあったり、歯と詰め物の適合が悪く段差や隙間がある事)に起きるものと、修復物の変形や破損によって起こるものとがあります。この二次カリエスは、実はむし歯治療の多くを占め、治療後のむし歯の再発が、かなり高頻度で起こっているのです。

特に歯と詰め物の境目にはむし歯菌がたまりやすく、段差(詰め物や被せ物がはみ出している、あるいは、足りていない状態)がある場合は要注意です。どんなに歯磨きが上手なかたでも、この部分を歯磨きで落とすことは難しいです。

歯磨きは、患者さんご本人が努力すべきところですが、詰め物被せ物を歯にぴったり合わせる事は歯科医が努力すべきことです。

治療の際、肉眼やルーペでは見える限界がありますので、適合の良い段差のない詰め物・被せ物をするためには、患部を拡大して治療してぴったりと合わせる必要があります。歯科用拡大顕微鏡を使用してむし歯治療をするのは、他にもたくさんの利点があります。

①むし歯の取り残しを予防
②歯を削り過ぎない(ご自身の歯を多く残すことができる)
③精密な型採りができる

このようにむし歯治療、全ての過程で顕微鏡を使用することによって、段差のない適合の良い詰め物・被せ物ができ、適切な歯磨きで簡単にプラークを落とすことができ、むし歯の再発を抑えることができます。

虫歯の治療法はこちら

お問合せ

ご予約はこちら

PAGE TOP