お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481
     

虫歯治療について|大田区蒲田の歯医者(歯科)なら 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

虫歯治療について

むし歯の原因

虫歯の原因要素は、お口の中の細菌の一つストレプトコッカスミュータンスレンサ球菌が主な原因と言われています。それ以外にも、唾液が酸性に傾くことにより歯が溶けます。

このミュータンス菌が食べ物の中の糖を栄養にし、歯の表面に付着します。この付着物はネバネバしていて、その中に虫歯菌や他の細菌が増殖し始めます。このネバネバした物質がプラークです。

プラークの中は75%が細菌でこの中にミュータンス菌がいます。このむし歯菌は「糖質」を材料に酸を作りますので、お口の中の唾液のPHが酸性にかたむき、次第にエナメル質や象牙質を溶かしていきます。これが「むし歯」です。神経のある歯は溶けた歯をまた元に戻す再石灰化することができます。神経の治療を行った後に歯がもろくなるのはその原因の一つです。

私たちは年齢を重ねるとともに唾液の分泌が減少し、本来の唾液の持つ働きが失われ、それにより再石灰化の能力が落ちていき、むし歯になるリスクが高くなっていいきます。若いときはむし歯にならなかった人でも、高齢になると唾液の減少によりむし歯になりやすく、進行も早く重症化しやすくなります。

虫歯になりやすいところ

むし歯は凹凸の多い咬合面、エナメル質よりは象牙質部分、歯肉縁(歯茎の近く)、修復物(被せ物・詰め物)と歯の境目、この部分がなりやすいと言われています。歯の表面に一番最初にできる一次カリエスと、修復物の変形や破損により唾液が侵入しやすくなりそこに細菌が停滞し、できる二次カリエスがあります。

二次カリエスの原因には治療が不十分な場合(むし歯の取り残しがあったり、歯と詰め物の適合が悪く段差や隙間がある事)に起きるものと、修復物の変形や破損によって起こるものとがあります。この二次カリエスは、実はむし歯治療の多くを占め、治療後のむし歯の再発が、かなり高頻度で起こっているのです。

特に歯と詰め物の境目にはむし歯菌がたまりやすく、段差(詰め物や被せ物がはみ出している、あるいは、足りていない状態)がある場合は要注意です。どんなに歯磨きが上手なかたでも、この部分を歯磨きで落とすことは難しいです。

歯磨きは、患者さんご本人が努力すべきところですが、詰め物被せ物を歯にぴったり合わせる事は歯科医が努力すべきことです。

治療の際、肉眼やルーペでは見える限界がありますので、適合の良い段差のない詰め物・被せ物をするためには、患部を拡大して治療してぴったりと合わせる必要があります。歯科用拡大顕微鏡を使用してむし歯治療をするのは、他にもたくさんの利点があります。

①むし歯の取り残しを予防
②歯を削り過ぎない(ご自身の歯を多く残すことができる)
③精密な型採りができる

このようにむし歯治療、全ての過程で顕微鏡を使用することによって、段差のない適合の良い詰め物・被せ物ができ、適切な歯磨きで簡単にプラークを落とすことができ、むし歯の再発を抑えることができます。

むし歯の進行と治療法

むし歯は進行度によって5段階に分けられます。

C0

虫歯の段階:C0まだ穴の開いていない初期の状態です。むし歯は黒いと思われていますが、ごく初期のむし歯は白く脱灰することが多いです。まれに表から見ると小さい虫歯でもレントゲンを撮ると大きくなっている場合があります。

治療法

適切な歯磨きと生活習慣指導をすれば進行を抑えられます。定期的に健診を受け進行状態をチェックします。

C1

初期のむし歯でエナメル質が侵されたもの。若しくは象牙質の表面がわずかに侵されたもので、自覚症状がない場合があります。甘いものがしみる、冷たいものがしみるような症状が出てきます。

治療法

全体的なお口の中の状況により詰め物をするか判断が分かれます。適切な歯磨きと生活習慣指導を行い、経過を追う可能性がある段階です。

詰め物をする場合は、むし歯の取り残しがないように齲蝕検知液で染め出し虫歯の取り残しがないかを確認しながら、マイクロスコープを使用し、むし歯以外の健全な歯をできるだけたくさん残すように注意して削ります。コンポジットレジン(CR)という歯の色をした強化プラスチックの樹脂で充填します。歯が隣り合っていたところが虫歯になっている場合は型取りをする場合があります。治療中に痛みがある場合は麻酔をします。

※詰め物の材質、型取りの後の詰め物は、保険診療と自由診療で変わります。

C2

むし歯が象牙質の部分まで進行していますが、まだ神経までは達していません。自覚症状としては、甘いものを食べると痛みを感じたり、冷たいものがしみる、温かいものがしみるなどの症状が現れることがあります。

この段階で治療すれば神経を取らずに済みます。自発痛(何もしなくても痛みがある)が出ている場合は神経の治療をする場合があります。

治療法

前述のように、むし歯をマイクロスコープで確認しながら取り残しのないようきれいに取り除きます。象牙質まで達していますから、麻酔が必要です。むし歯の大きさによって治療方法が変わってきます。比較的小さく浅い場合、コンポジットレジン充填をして表面を磨き、一回の治療で終わります。

むし歯が大きく、欠損部が多い場合は型採りをして、後日金属またはセラミックの詰め物をします。この場合もマイクロスコープを使用しますので、精密な型を採り詰め物も肉眼の治療よりは精度の高い詰め物ができ、むし歯の再発をできる限り抑えていきます。

※マイクロスコープで治療をする場合は自由診療になります。
※詰め物、被せ物の材質は、保険診療と自由診療で変わります。

C3

むし歯が歯髄腔(神経と血管が入っている空洞)まで達している状態。神経が侵されていますので激痛があります。自覚症状がない方もいらっしゃいます。神経を取ると後々に感染を起こしたり、割れたり、虫歯に気が付かない、咬み合わせが変わった等の悪影響を及ぼします。

当医院では神経が出てしまっている場合でもできる限り神経を残す治療を行っております。MTAといる神経を保護するお薬を使用することにより虫歯を取り除いて神経が出てしまった場合でも、可及的に保存することが可能です。痛みを取るため、また根の先への虫歯菌の感染を防ぐため、神経の治療が必要です。歯髄が生きている場合と以前に根の治療を受けて歯髄がなく、すでに根管内にお薬が入っている場合があります。

治療法

神経の治療で最も大切なことは、細菌を根管内に侵入させないということです。口腔内の唾液の中にはたくさんの細菌が含まれているため、根管内を消毒する際には、根管内に唾液が入り込むことを防がなければなりません。そのためにラバーダムというゴム製のシートを患部の歯にかけ、根管内に「細菌が感染しないように」しながら治療することが重要です。

また根管内は暗く狭く見えづらいので、肉眼やルーペでの治療では根の先端まで消毒されているか確認が難しく、いつまでも痛みがひかなかったり、しばらくしてから痛みが出たり、治療の成功率が下がります。そのために、顕微鏡(マイクロスコープ)で拡大して根管内を確認しながら治療を進めていきます。

詳しくは根管治療のページへ

神経の治療が終了して痛みがないことや、レントゲン写真やCT画像で異常がないことを確認してから、被せ物を作る過程に入ります。神経の処置後、ファイバーポストと呼ばれる芯をたて土台を作成します。土台は歯を長く保つためにとても重要な治療です。一般的によく使用される金属の土台は硬く、強い力がかかった時に歯が割れてしまうことがあり、このような場合、歯の保存が難しい割れ方をすると抜歯しなければなりません。また金属の土台は時間とともに金属が溶け出し、歯や歯茎が変色することもあります。

ファイバーコア(ファイバーポストを使用した土台)は耐久性があるうえ、硬さや弾力性が歯とほぼ同じであるので歯への負担が少なく、歯が割れる(歯根破折)のリスクを軽減します。また金属は光を通しませんが、ファイバーコアは光を通すため自然で透明感のある美しい歯を再現でき、金属アレルギーの心配もありません。土台を作成後は仮歯を入れ、型採りをして被せ物が完成します。

白い被せ物はこちら

C4

むし歯が歯根まで進行した状態です。(残根状態)C4の中でもむし歯の進行度がまだ軽いケースでは根管治療により治療して歯を残すことができます。歯冠修復が困難なほど、むし歯が進行している場合は、歯を残すことはできず抜歯になります。

根管治療はこちら

治療法

抜歯:先程、根管治療は説明しましたので、抜歯した場合の治療法をお伝えします。残根状態の歯の抜歯はマイクロスコープを使用し、小さな根の破片や肉芽などを残さないように慎重に行います。抜歯になった場合は、欠損部をどのようにして噛めるようにするかを考えなければなりません。通常、抜歯後は、入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラントなどで欠損部を補います。

お問合せ

ご予約はこちら

PAGE TOP