お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

大人の矯正はもう遅い?そんなことはありません、大人でも歯並びを綺麗にすることは可能です。|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

大人の矯正はもう遅い?そんなことはありません、大人でも歯並びを綺麗にすることは可能です。

東京蒲田駅徒歩2分の松木歯科医院です。今回は「もう30歳を越えた大人なのですが、矯正を行おうか悩んでいます。矯正は年齢が高くなったら治りにくいと聞いたのですが、今からでも遅くはないのでしょうか?」について、お伝え致します。矯正といえば、子供が小さい時から行うイメージが強いかと思いますが、大人でも矯正を行い、綺麗な歯並びにすることは可能です。

大人の矯正は「遅すぎる」ということはありません

社会人になって矯正を考える方も多くいらっしゃいます。大人の矯正では、この時期でないと矯正できないという治療のリミットはありません。ご自身が「矯正をしたい、またはしなくては」と考えたタイミングが、ベストな矯正のタイミングとなります。
歯を支える骨がしっかりとしていれば、ご高齢な方でも矯正治療を受けることができます。

大人の矯正と子供の矯正の違い

子供の矯正は開始する年齢から、矯正の種類が変化します。3〜12歳程度の乳歯と永久歯が混ざった歯並び(混合歯列)の時期に行う矯正を「第1期治療」といい、顎の成長をコントロールして歯並びを整えていきます。
13歳〜永久歯が完全に生え揃った時期の矯正を「第2期治療」といい、歯に矯正装置(ブラケット)を装着して矯正を行います。大人の矯正はこの第2期治療にあたります。
子供の頃の第1期治療から行うと顎の成長をコントロールして行うため、
・大きな手術を必要としない
・非抜歯で矯正が可能な場合が多い
・大人の矯正期間を短縮できる
・顎の骨が変形しにくい
・仕上がりをより綺麗にすることができる
というメリットがあります。ですが、大人の矯正治療でもきちんと綺麗に歯並びを整えることができますのでご安心ください。

年齢が高いと治りにくいということはない

矯正を行ううえで、歯を支える骨がしっかりしていることは大切な要因です。歯周病が進行している方では、矯正の結果をきちんと出すことが難しくなってきます。ですが、それ以外で年齢が高いと歯並びが治りにくくなるということはありません。

どの程度の治療期間が必要になってくるかは、患者さんの歯並び次第になります。また、大人の方は仕事やプライベートで、定期的な治療に来院するのが難しいという方もいるかと思います。ですが、矯正治療は定期的な通院で歯を少しずつ動かしていくので、きちんと通院できないと、治療期間が延びてしまうことがあります。

・大人になってから歯並びが悪くなることもある
子供の時には問題なくても、大人になってから歯並びが悪くなる方もいます。頬杖をつく、一方のみで噛み続ける等といった悪習癖により咬み合わせが悪くなることがあります。これらの悪習癖を直さなければ、うまく治療が進まないばかりか、矯正後にも後戻りしやすくなります。

審美的に矯正を行うことも可能

唇側に矯正装置をつけて行う矯正になります。歯に直接矯正装置を付けるため、ほとんどの不正咬合に適応することが可能です、また、セラミックブラケットやホワイトワイヤー等の白い装置もあるので、審美的に治療を行うことも可能です。

矯正していることがわからない方法もある

大人の方が矯正を行う時、矯正していることを周囲に知られたくないと考えている方もいるかと思います。当院では「マウスピース矯正」もご用意しているため、矯正装置を目立たせることなく治療を行うことが可能です。従来の矯正とは違い、取り外しを行うことも可能なので、矯正装置が原因で清掃不良になることも防ぐことができます。ただ、適応範囲が狭いため、歯並びによってはマウスピース矯正を行うことができない場合もあります。

短期的に歯を美しくすることも可能

今までの矯正であれば、約1年半〜2年(保定期間は別)は矯正治療の期間が必要です。ですが、もっと短期的に歯並びを整えたい方は、「セラミック矯正」を行うことも可能です。セラミック矯正はご自身の歯を削って綺麗なセラミックの被せ物で歯並びや色、形状といった問題を最短2回の通院で解決することができます。

ただ、治療する場所によっては歯の神経を抜く必要があることと、治療する本数によって治療後の審美のクオリティが変化するデメリットがあります。
「セラミック治療」は治療期間を短くすることができるので、結婚式や就職活動等予定が迫っている方や、「歯の一部分だけ治療を行いたい」「歯の色や形状も一緒に整えたい」と考える方にはメリットが多い治療法になります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に「もう30歳を越えた大人なのですが、矯正を行おうか悩んでいます。矯正は年齢が高くなったら治りにくいと聞いたのですが、今からでも遅くはないのでしょうか?」についてまとめます。

●大人の矯正はいつから始めても大丈夫
●大人の矯正と子供の矯正は顎の成長をコントロールして歯並びを整えるか、歯に矯正装置を取り付けて行うかで違ってくる
●年齢が高いと治りにくいということはない
●審美的に治療を行うことも可能
●マウスピース矯正なら矯正していることが周囲にわからない
●短期的に歯を美しくするセラミック矯正もある

矯正は歯並びの見た目を整えてくれる審美効果だけでなく、機能的な回復と咬み合わせを整えることで、身体の健康を改善することにもつながります。綺麗な歯並びは虫歯や歯周病といったリスクを減らすだけでなく、脳の活性化や咀嚼の促進にもつながります。何十年後も健康的な暮らしを送るためにも大人の矯正は良い治療だと言えます。

ご予約はこちら

PAGE TOP