お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

ドイツの入れ歯技法「テレスコープデンチャー」を導入。 留め具が見えず、就寝時も装着したままでOK|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481
お問合せ
お問合せフォーム
Web診療予約

診療メニュー

患者様の声

よくある質問

ドイツの入れ歯技法「テレスコープデンチャー」を導入。 留め具が見えず、就寝時も装着したままでOK

東京・大田区にある松木歯科医院ではドイツの伝統的な入れ歯技法「テレスコープデンチャー」を使った治療を行っています。
留め具が前面から見えないため、審美的にも優れるなど多くのメリットがあります。
加えて当院ではかみ合わせにも十分留意しており、治療後も天然の歯と同様に噛んで食べることができます。

よく噛めて、見た目も美しい 義歯外科手術なしで装着可能

京急線梅屋敷駅から徒歩4分。松木歯科医院は商店街を通り抜けた住宅街の一角にあります。

約40年前に父が開業した歯科医院を2011年に継承しました。
保険対象の虫歯治療も行っていますが、テレスコープデンチャーという部分入れ歯の技法を導入していることが際立った特長といえます。

テレスコープデンチャーはドイツで使用されている入れ歯の技法。
残っている虫歯を治療するなどの前処理をした後にチタンなどの金属をコーティングし、これを土台としてその上に部分入れ歯を装着します。
この土台の外側と入れ歯の内側を茶筒のようにピタリと密着させることで、天然の歯に匹敵する噛み心地が得られるわけです。
通常の入れ歯では健康な歯に対して横からクラスプ(金属のバネ)をひっかけるため、口の中に金属の針金が見えることがありますが、テレスコープデンチャーは表側から見えるクラスプは使わないので審美的に優れていますまた、着けたままで就寝できるなど、様々なメリットがあります。

このテレスコープデンチャーには、残っている歯が多い場合に使うコーヌステレスコープ、残っている歯が少ない場合に使うリーゲルテレスコープとレジリエンツテレスコープの3種類があります。

治療には2~3か月程度はかかりますが、生涯にわたって使用できます。
実際にドイツでは30年以上、使用し続けている方も少なくありません。

製作には優秀な歯科技工士と連携しなければならないことなどから、国内で実施している歯科医院は数えるほど。
それだけに、松木歯科医院には遠方からも多くの患者様が訪れています。
私は介護施設の訪問歯科も行っているのですが、高齢者から食べることが一番の楽しみだとよく聞きます。
歯に不安があると人前での食事がおっくうになりますから、テレスコープデンチャーのように精密で安定感の高い入れ歯で、しっかりとしたかみ合わせを取り戻していただきたい。
それに歯並びがきれいになると笑顔が増えて、生き方もポジティブになります。そのために歯科医師として貢献できればと考えています。

参照

PAGE TOP