お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481
     

意外と知られていないインプラント治療の流れ|大田区蒲田の歯医者(歯科)なら 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

意外と知られていないインプラント治療の流れ

当医院ではインプラントと入れ歯の併用をする場合もあります。
その方の状態により最終的なゴールを決めてから治療を行ってまいります。
ゴールを元にどのようにしてたどりつくのか全身状態、口腔内の状態、歯の状態、歯周組織の状態、骨の状態、顎関節の状態、咬み合わせの状態等を診査診断したのちに治療計画を作成いたします。どの手順で治療をしていくのか、期間がどのぐらいかかるのか、金額がどのぐらいかかるのかを相談して決めていきます。

インプラント治療は外科治療(手術)です。
痛そうだな、怖そうだなと思われがちですが、当医院で治療された方の意見をお聞きすると、意外と平気でした、痛み止めをほとんど飲みませんでした、全く腫れなかったです。とのお声を多数いただいております。

インプラントの治療の流れとして、まずは全身状態の確認をしております。
脳血管疾患、糖尿病、腎臓病、肝臓病、心臓病、血液疾患、血圧、放射線治療、化学療法、免疫不全、精神疾患、アレルギー等をお聞きいたします。
場合により受診されている科に対診をさせていただく場合がございます。
脳血管疾患、心疾患をお持ちの方は病気を起こした時期と、現在飲んでいる薬を状況お聞きいたします。
発症6カ月以内はインプラント禁忌症とされております。
服用しているお薬が血液サラサラになるお薬を飲まれているため、それを一時的に止めるのか、そのまま治療を行うのかはそれぞれのメリット、デメリットがあります。
糖尿病を患っている方はヘモグロビンA1Cがコントロールできているのかどうかを考えていきます。
糖尿病を治すことは困難なことであり、食事療法等で血糖値をコントロールするようになりますがこれもまた急にコントロールすることは困難を極めます。
糖尿病を患っている方がインプラント治療できないわけではありません。
しっかりとコントロールされている方であれば十分インプラント治療を行うことができます。
血糖の値が高すぎると抵抗力や免疫力が低下し感染しやすくインプラントが骨に固定されない可能性があります。
腎臓病を患っている方全ての方がインプラント治療を行えないわけではりません。
糖尿病と同じように抵抗力や免疫力が低下しやすく傷が治りにくく結果骨と結合されずインプラントが抜けてしまうこともあります。
放射線治療を行っている方はインプラント治療が行えません。
骨に治癒不全が起こる可能性が高くインプラントが骨としっかりと結合されません。
最近多くなってきたのが、骨粗鬆症のお薬を飲まれていてそのお薬が、BP製剤であると外科処置が禁忌症になっている場合があり通常簡単な抜歯でも顎骨壊死になる場合があります。
年齢が20歳未満の方は顎の発育成長があるため適しません。
逆に私自身80代後半の方へインプラント治療をさせていただいたこともあり術後の予後も良好でした。
金属アレルギーのお持ちの方でまれにインプラント体に使用するチタンに対してアレルギーのある方。
血圧の高い方は禁忌症というわけではなくコントロールされていれば問題はありません。
抜歯等と同じ外科手術なので、血圧を測らせていただきながら治療を行っていきます。
ある一定よりも高い値の場合中止させていただく場合がございます。
その場合静脈内鎮静法にて治療を行う事をお勧めいたします。
喫煙者は控えていただく事があります。
毛細血管が収縮してしまい体の隅々まで十分な血液の供給ができず栄養がいきわたらない場合があります。それにより治癒が悪くなる。感染しやすくなり結果的にインプラントが失敗する可能性もあります。
また、口腔内のプラークコントロール不良の方も改善できるのであればインプラント治療を行うことは可能ですが、改善できなければ予後不良長期使用することができない場合があるため、お断りさせていただく場合がございます。

次に口腔内の状態を確認しております。
通常のパノラマレントゲンでは正しい骨の状態がわかりません。
CTによりより詳しく顎関節の形態、歯の状態(虫歯の有無、根尖病巣の有無、根管治療の状態)、歯周組織その周辺の骨の度合い、インプラントを植立しようとする場所の骨の量、密度をチェックする必要があります。
インプラントを植立する場所に十分な骨の深さ、厚み、密度が必要となります。
上顎であれば上顎洞という呼吸を司る空洞までの距離がどのぐらいあるのか。
また、上顎洞炎とも言われている蓄膿症などの有無。
もし仮に蓄膿症があるのであれば鼻性上顎洞炎なのか歯性上顎洞炎なのかを診断する必要があります。
下顎であれば、下歯槽神経までの距離がどのぐらいあるのか。
そこの神経近くまでインプラントを埋入するのですが、約2、3㎜離せば特に問題がないとされております。
但し、生体なので十分な距離を確保していても術後にシビレを訴える方がたまにらっしゃいます。
神経を損傷していなければシビレは落ち着いてきますが回復するのに少し時間がかかります。お薬を飲んでいただきながら様子を見ていきます。

そして、模型分析をします。
インプラント治療後しっかりと咬めるように咬み合わせを作れなければ頑張って手術した意味がありません。
咬み合わせが良い=咬める事ではありません。
一見咬み合わせが良さそうに見えてみ顎関節から見た咬み合わせの状態では全然違う位置で噛んでいたという事が多々見られます。
歯がないからインプラント治療を行いますが、無いから入れる。無いから咬めるようにするのですが、歯が無い期間が長いと本来歯があったスペースが失われている場合があります。インプラントを植立しても上物が入らないという事態に陥る場合があります。
そうならないようにお口の状態をKAVO社のフェイスボウトランスファーという顔面計測装置を利用し、咬合器へとコピーし、現在の顎関節の位置と、本来の顎関節の位置にどのぐらいズレが生じているのか、開閉口運動、速報運動にてどのように顎が動かされているのかをデジタル式顎運動計測装置アルクスディグマを使い顎関節の状態、咬み合わせの状態を感や目視に頼るだけでなく、コンピューターで数値化した診断をする必要があります。
インプラント治療後どのような咬み合わせになるのか咬合器とアルクスディグマを使い十分なシュミレーションをしたうえでCTの3DeXamと照らし合わせステントを作成いたしております。
全てが同じ会社であることにより一連の流れがスムーズに行われます。

ステントとはインプラントを正確な位置に植立できるように手伝ってくれるナビゲーションの一つです。
特に本数が多いインプラントに効果を発揮致します。
模型で診査診断をしたとしても勘や経験に頼ったインプラント植立では違った結果が生まれ今までシュミレーションをしていた意味がなくなります。

そこからはいよいよインプラントの手術になります。
当日は体調を整えていただき万全を期して治療を行います。

インプラント治療は急がず、焦らず、迅速に行うことが大切です。
1本植立するのに役10分前後(麻酔の時間を除きます)
治療後止血を待ちレントゲンをお撮りしてご説明をし、終了となります。

約1週間後にお越しいただき消毒と糸取りになります。
治り具合により糸を残しておく場合もあります。
通常上顎で3か月~4か月
下顎で2か月~3か月
インプラントの待機期間があります。

インプラントは柱にくぎを打ち込むのとは違い生体ですので、約1カ月かけて異物反応で若干ゆるむことがあります。その後生体が問題ないことを認識しインプラント体と骨がしっかりと生着するまで時間がかかります。
また、骨を足す作業をした場合半年から1年お待ちいただく場合もございます。
全身の状態、骨の状態、口腔内の状態を考慮してインプラント体を埋入した際に完全に歯肉に埋める場合とネジの頭だけ出す場合があります。

一定の期間開けた後通常の歯と同じように土台の型取りをし、上物をジルコニアもしくはセラミックにて作製していきます。

歯科治療は一度終了してしばらくは大丈夫というわけではありません。
痛くなったら通うのではなく、定期検診として、虫歯、歯周病、咬み合わせ等のチェックをしております。
8020つまり80歳で20本を残そうとする運動ですが、当医院は8025を目指しております。80歳で25本を残すことを考えて治療を行っております。
また日本は80歳の時に残っている歯の本数が先進国の中で極端に少ないく、その理由として定期検診に通う習慣がないことがあげられております。
人間ドッグには1年に一度通うのですが、歯医者は苦手の方も多く検診にもなるべくなら通いたくない方が多くみられます。
歯が少ないと認知症になりやすく歯が20本以上ある方と10本以下の方を比べると認知症になる可能性が1,85にあがります。
歯を失わないことが重要ですが、失った歯はなるべくすぐに治療することにより健康な体を維持する一つの要因となっております。

インプラントは基本的には取り外しの必要がありません。
骨としっかりと固定させる為ご自身の歯と同じような感覚でお食事することができるようになります。
また、インプラントと入れ歯の併用も可能です。
総入れ歯を入れて咬めるがもっと咬めるようにしたい
入れ歯を動かなくしたい
部分義歯が入っているが奥が沈み込むのが気になる
テレスコープとインプラントを併用ししっかり咬めるけど取り外して清掃したい
矯正治療で早く動かしたいのでインプラント矯正を考えている
など様々な使い方、可能性があるのがインプラントです。
当医院では、なるべく自分の歯でなんでも咬める事を目指しております。生命の源は食べることであり、バランスよく食べることが健康の秘訣と言えるでしょう。

ご予約はこちら

PAGE TOP