お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8493

再診・その他のお問い合わせ

03-6715-8481

   

24時間WEB予約

   

ご予約はこちら

松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

第三の補綴(3DR)|蒲田駅から徒歩2分の歯医者 松木歯科医院

松木歯科医院
松木歯科医院へのお問い合わせ:03-6715-8481

電話予約・問い合わせ

WEB初診予約

お問合せ
Web診療予約

診療メニュー

第三の補綴(3DR)

第三の補綴(3DR)とは?

ブリッジの様に歯を大きく削ることがなく、インプラントの様に外科的な手術がなく、部分入れ歯の様に見栄えが悪く安定性に欠けることがない上記のような悩みを持っている患者様に新たな治療法として、第三の補綴(3DR)が登場しました。

※補綴とは、失った歯を人工物で補う治療です

歯を失ってしまった場合の選択肢は、ブリッジ・インプラント・部分入れ歯といった方法があります。しかし、それらには長所がある一方、患者様の目線から見るとそれぞれに悩みがあります。

第三の補綴(3DR)のメリット・デメリット

歯や骨を削らずに、多く残っている歯に、噛んだときの力を分散させる事ができるのがこの治療の特徴です。しかし、第三の補綴にもメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 異物感が少ないです
  • しっかり噛むことができます
  • 残っている歯を保護することが出来ます
  • 審美性が高いです
  • メインテナンスが楽です
  • 修理をすることが可能です
  • 歯や骨を形成する必要がありません
  • 治療的なリスクが少なくなります

デメリット

  • 適応範囲が決まっています
  • 着脱方式なので少し手間がかかります
  • 部分入れ歯に比べると少し費用が高くなります
  • 装置の制作難易度が高いので、誰でも出来る治療法ではありません

今の入れ歯に納得が行っていない患者様へ

当院は、噛み合わせを中心とした、入れ歯専門治療を行っています。
入れ歯が合わない・噛めない・インプラントは怖いなどのご相談を日々お聞かせいただいておりますが、患者様の口腔状態によって治療方法は変わってきます。当院ではCTを使用した精密な診査・診断を行っていますので、まずは患者様のご要望をお聞かせいただければ、お役に立てると思います。

第一・第二・第三の補綴があります。

第三の補綴というのであれば、第一・第二があるのか?という疑問があると思います。お察しの通り、第一・第二があります。

第一の補綴

これは部分入れ歯のことです。失った歯を補う治療として、長い期間行われてきた治療法です。部分入れ歯は技工物の精度の低さ、技工するまでの緻密な治療計画とそれぞれの精度に問題があり、異物感がある、うまく噛めない見栄えが気になる。そこが部分入れ歯のもどかしい所です。

精密な部分入れ歯をご希望の方は、部分入れ歯ページをご覧ください。

第二の補綴

第二の補綴の一つ目はブリッジです。失った歯の両隣を削り、土台にして失った歯に橋をかける最もポピュラーな治療法です。どうしても歯を削らなければなりません。

第二の補綴2つ目はインプラントです。

外科手術を行い、人工歯根を埋入して、その上にクラウン(被せ物)をする治療方法です。インプラントは悩みというよりも、外科手術が怖い。など、「手術」という部分がネックになる方がいらっしゃいます。

インプラントをお考えの方はインプラントページも御覧ください。

お問合せ

ご予約はこちら

PAGE TOP